読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かにさん記録 blog

日々の思うこと、好きなこと、考えの整理!

食べないとやって行けない

ご飯を食べる楽しみがなくなったら私は死んじゃうな、と思った週末でした。

空腹になると、自分でも悲しくなるくらいイライラするし悲観的になるし困ったことになるのは前からなのですが、雨降りの日や仕事などでクタクタになりすぎるとさらに拍車がかかる事案が今週末でした。
性欲を向けるものがないと食欲に走るって聞いたことあるけど、人間も所詮は動物ってことだわな〜と、過去に先輩に言われたこともあり、それには妙に納得しました。でもそれに納得された私って一体…。

単に栄養を取り入れるだけの意味では無くて、噛み締めて、美味しいなぁ、美味しいなぁって思って、頭も胃もぱぁっと満たされる感じが、生きている中で何だかんだ一番の幸せに君臨しています。他の幸福感も無くはないけれど、おそらく死ぬまでこれは一番な気がします。なんかこれ前にも書いた気がするけれど…。

仕事でも、やっぱり人に最後まであるものは食欲なのだなぁと感じることが多々あります。どんなに体を悪くして器官がうまく働かなくても、寝たきりになっても、生活に関わる他のことを全くしたく無くても、食事やお菓子って人の欲するものです。それ待ちわびて生きるのは、命を繋ぐものの意味あいと、幸福感があるからなのかなぁと、思いました。うまく言えないですが。
皆さんご飯もお菓子も楽しみだし、食べるためにちゃんと食事の準備でエプロンをするし、手洗いもするし、嚥下体操だってやるし、美味しくご飯食べたいよ!という気持ちは、私たちよりも強いように私は感じます。
普段から常にそんなことを思いながら接するわけではなかったのですが、自分のご飯への執着?や幸福感を振り返ると、お腹を満たして幸せになることの意味はここに繋がるなと、思いました。食べるって大事だし、美味しく食べる、食べられるって幸せで大事なことです。
人それぞれ、食べることへの力の注ぎ方が違うとは思うので、朝ごはん要らない派もいれば、サプリで済ます派、食べたいものは何でも食べちゃう派、色々だと思います。
私は今でこそ少しはマシな食生活を送れるようになりましたが、お惣菜やコンビニご飯の続く日、朝ごはんに菓子パンと甘いカフェオレが続く日もあったし、忙しい中偏った食生活で体を壊したりもしました。しっかり整った実家のご飯や、気に入って行っていたバランス良いカフェのランチで癒されて、ご飯サイコー!!!と、いう日を繰り返して今に至ります。
人生の終わりまで、食べ物が食べられて、美味しいなぁと思えて幸せ感じられる生活を送っていきたいな〜と、自分の機嫌をとるのと同時にお腹の機嫌も取らなきゃな、なんてことを思った休日でした。

コレクターの心

5月になったし連休も開けたのですが、ちょいとリズム狂う感じの出勤体制な今週です。

当たり前のことが当たり前に分からない私が、はっ!!!!としたこと。
お気に入りの食器を、フィギュアを、雑貨を、お金が貯まる度にコツコツ買い揃えて行くようなことやその過程は人生でとても必要だなぁ、ということです。

以前も書いた気がする、一足飛びになんでもやりたい、上手く行っていたい、同じタイミングで完了していたい、揃えていたい、という傾向にある私なので…恐らく当たり前に他の人が思って通り過ぎて来たことに、またなるほど…と一人納得した、ゆとりの空間In大丸。

自分はなぜ、色んなことを良いように、すんなりトントンといっぺんに完了できて、新しいステージなりレベルアップした先に行きたい!!!!と思っていたのかな〜という事を考えていました。
今までを考えると、その成功は他でもない、周りからの有難い援助や心遣いや助言などなどがあっての事ではあるのですが、自分の実力以上のものを与えてもらい、ポーンと基礎から最終形態に飛び級していたからなんだなぁ、と分かってはいました…が。それが「当たり前」になり過ぎていて、次に自分だけの力でやろうとした時に上手くいかない事にハテナマークが沢山ついて「つまづいた、もうダメだ〜」と、なっていたのは、身の程知らずだし今すぐ一足飛びに別ステージやレベルアップした先にいける!と、どこかで思っていたんだろう、と。ようは、グンと大きな力をいただきながらも、それを自分の力だと勘違いして、自分こんなものではない!ということを思っていた、ということでした。
すっきり。やっぱり私何様だし万能感半端ないです。そのおかげでのびのびやって来られたという産物もありますが、恐らく各所へ迷惑はかけまくって今に至っています。

このはっ!が生まれたきっかけは、ばらばらな2つの近況報告からの繋がり。
1つは、以前ボランティア活動のグループで出会った子の近況報告で、転職か転勤か結婚かで悩んだけれど、自分のスキルアップと目標のために地元へ転職をし、少し頑張った後に、愛する彼のところへ嫁へ行く選択をしました!と、この春の動きを記したのを見たタイミング(待ってくれる彼カッコいいな!と思ったのは言うまでもなく)。それから、GWに海外旅行をした友だちが、コツコツ買い揃えているお気に入りのメーカーの食器がまた少し購入できて嬉しい!という話。
普通に聞いていたらへーとしか思わなかったのですが、たまたまぶち当たっていた事柄と、2つの話が私の中では良いように混ざり合って「コツコツ」と「大事にじっくり取り組むこと」に繋がってひとつの答えになりました。

コツコツ取り組むことや少しずつ進むことの辛抱や、時には一進一退する事の大変さは何につけてもある事で、でもそれは何のためにと言ったら自分のためにする事で「自分が望む結果のため」に尽きるんですよね。それぞれ、上の2人は目標とする事のために、という最終的なゴールが明確で、そのための過程やコツコツの大事さ、を大切にしているなぁ、と思いました。だからということではないですが、テレビで見る何かのコレクターさんの持続性やコツコツさってそう考えると凄まじいものだと、改めて思いました…!

私に必要で足りないもの!コツコツやっていないわけではないけれど、目標のために力を注ぎ続けられる辛抱強さとか、持続性、何をゴールに見据えるかということの設定ですね。何となくやらないこと。ここまで行ったら次はこう!というもの。あとは時間のリミットの設定。何にでも通じることですね、たぶん。
やっぱりまとまりないですが、辛抱強さとコツコツと目標設定。ぼんやり日々過ごさずに、自分がやりきった!と言える、自分を充実させられる生活を送ることに重きを置いて日々生きようと思いました。

ゆるゆると大人になろう。

今月ほとんど更新できずに終わってしまったので4月最後の最後に1つ。
今日は私の悪い癖が一人で炸裂したと気づいたので記してみます。独りよがりになる件について。

周りがとてつもなく羨ましく、大変に楽しそうに見えてきて、ぶらっとしようと気分転換に外へ出たはずなのに、結局は何の目的もなく出てきた私は何のためにここにきたのかなー…とどうしようもないことを考えて、意味もなく落ち込んでしまいました。とても無意味なことなのだけれど。結局は独りよがりだからそういう思考に陥って、勝手にひとりぼっちだなーとか、寂しいなーと感じるのだと思います。

でも事実、ひとりぼっちで街をぶらついていることには変わりなくて、そしてだからと言ってさっさと帰ってテレビ見てた方が良い!ネットサーフィンしてやる!とかそういうことにもならず、本当に自分でも面倒マインド。それも独りよがりというか勝手。雑踏の中には居たくないけれど、人のいるところには居たい、でも気心知れた仲間たちとギュッとした感じで居たいわけでもない。なので、空席の多そうなカフェとかそういうところでとりあえずの時間を過ごし、周りの音を聞いたりその辺眺めてみたりします。そしてある程度の諦めというか、気が済んで自分なりに納得したり満足するとスッキリ家に帰る。そんな感じなのです。

独りよがりになっていればいるほど、視野は狭くなるし周りのことも見えなくて自分のこともきちんと出来ていなくて、ハッと気づけばなんだかとってもイヤな奴に成り下がっている。気づけるうちはまだ良いのかな。色々なことをして回復できる時は色々とやってみて、視点を変えたり別のことに力を注いでみたりもできると思います。あぁ、スッキリしたーとか、くさっても居られないなーとか。思い直して、あぁ自分のことばっかりになってたなーって言えるので。あとは、そんな自分の様子を見て「どうした最近!」と引き上げてくれる人がいれば最高に良い。あとは、独りよがりになっている人をみて反面教師として、自分のことを振り返ってみるとか。返る方法は、人によってもっと色々あると思います。

当たり前のことですが、誰にでもいい時もあれば悪い時もあって、それが繰り返したりちょっと比率が一時的に偏ったりしながら人生送っていくので、今までの良かったことを良かった、恵まれていた、自分にとっては嬉しいことだったという認識をするきっかけという風に考えよう。

生きていて、毎日がスペシャルに嬉しいことや楽しいことの繰り返しじゃないのは、今までの人生で知っているはずなのに、きちんと分かっていなかったからそんな事を考えるのだと思います。そんなに素晴らしい毎日じゃないから、毎日起こる色んな出来事に喜怒哀楽しながらなんだかんだがむしゃらに生きて、より自分が行きたい方へ行こうとする。

私はどこに自分が行きたいのか分からなくて、周りの人たちの外に見えるキラキラさだけを切り取って羨ましがって、たまにこうやって一人でチーン…となるのも1つあるのかもしれないです。ふー…なんなんだコレ…。でも、変な事を考える自分もちゃんと自分の一部で、ポンコツでもまぁ良いよ、自分が思うより良くもないけれど、悪くだってないしそれでもいいじゃない。

結論まとまらないけれど。年齢は大人になっても頭はまだ大人になれてないけれど、とってもポジティブに考えて、まだ伸びしろがあるってことにしておこう。

コインランドリー

祝日ですが普通の土曜日!連休前半なんていう感覚はほぼ無い、昼下がり。

今日初めて、乾燥機のみですがコインランドリーを利用してみました。今更ですが、もうめっちゃくちゃ便利!!!!!近所にあるのは知っていましたが、使ってみようとは思った事がなかったので…今思えば何でだろう?今回、タオルケットと布団カバーをメインに、バスタオルや仕事で使うジーンズでお試し。万が一変なことになってもまぁ良いか、と言えるものにしよう、でも大きい乾燥機だから出来れば無駄なく使えるようにしたいな〜ということで。

洗濯まですると、量が多い想定というのもあるからなのか、なかなかのお値段になりそうだったので、洗濯だけとりあえず家で済ませて、乾燥機のみにしました。いつもながーーーい時間をかけて部屋のなかに日が入るようにしながら干していたあの苦労は何だったのかしら…と、思うほどあっという間に乾くのはもちろん、それ以上に感動したのはフッカフカの布団カバーとタオルケット!コインランドリーはガス乾燥機なので、仕上がりはフワフワですよ、ということは調べた時に書いてあったのですが、本当に気持ち良くフワフワで幸せな気分〜。メイクしていなかったらそのまま顔にうわああぁぁ〜ワシャワシャ〜!!!としたいくらい仕上がり気持ち良い!!若干の静電気はあるけれど、それは仕方ない。いや、知らなさすぎて、でもあまりのフワフワ具合にこの感動を残しておきたくなったのです。そのくらい単純に思わず、スゲー!!!と、なったわけです。

行ってみて知ったのですが、乾燥機のみ使用している人が多いのですね〜。普段のお洋服やタオル類らしきものが主なような人がほとんどらしく、小さい乾燥機がなかなか混んでいました。あとは、小さめのコタツ布団を乾燥機にかけていた人もいて、ちょうど取り出した時にチラ見したら、それがまたフワッフワで…!!同じように、できれば取り出し後すぐさまフワフワを感じたいところなのですが、私のコタツ布団はまず家洗濯ができないので、普通のクリーニングにお願いしようと思います…でも、普通のタオルケットは乾燥機のみまた利用しようと、もう既に楽しみです。

知らないって損だし恥ずかしいし、こういう世間の色々なことが身についていないなぁとまた改めて思います。1つ、生活の知恵をいただきました。

結論、お洗濯気持ち良い!ガス乾燥機最高!

最近のあれこれ

日経の三国志CMがやけにツボな最近です。家来ちゃんがヒョコヒョコやってきて「申し上げまぁす」というコマが一番好き。

暖かくなったし雪もしっかりなくなりましたが、冬の名残のような冷たい風や朝夕のひんやり感はまだ後を引いて、私のこと覚えていて!!と、冬に主張されているような名残惜しい彼女の様な(笑)、そんな気がします。そういうイメージです。

今日は最近のことや思うこと、色々なことを脈絡なく書いて行きます。

 

まず、退職した子との久しぶりの再会。

凄く久しぶりに連絡を取り、会えることになったのでとても嬉しかったです。同期ではないですが、初めて同い年の人と職場で働けた!という有難い子。プライベートでも仲良くしてもらっていましたが、同じ同僚でも、同い年っていう括りがあるだけで謎の安心感。常に、同じチームだったり行動を共にしていたというわけではないけれど、何となくの心の拠り所にしていたなぁと思います。特に入れ替わりの多い時期を同じく過ごしてきたので尚更そう感じていたのかも。

客観的に、今の職場について見て話してくれたので、はっ!そうだった!と気づくことや、渦から引っ張りだしてくれる感覚と、渦にいることの理解もしてくれ、聞いて引き出してもらう、頭が解ける感覚。退職した人の冷静さに触れて、時折会って話すのは本当に大事だとしみじみ感じた時間でした。それは、良くないところを指摘されるとかそういうことではなくて、渦中を外から見るとこういう感じ!とあくまでも客観的な視点を得る絶好の機会。内部を知るからこそ分かる絶妙な具合も、互いの理解が早くて話も更に分かる。勿論、退職を勧められたわけではないけれど、外の世界もまぁ良いものだからどうぞお待ちしていますよ、といったところ。そこそこ私生活でお互いの近況も報告しあい、久しぶりにわきゃわきゃしたな〜と短時間でもお腹いっぱい充実でした。

 

久々のワンマンライブ

かねてより期待に期待を重ねていたAwesome City Clubのワンマンライブに。ライブハウス自体久しぶりで、単独ライブも久しぶりで期待度高いし結構浮かれていました。年齢層も客層も幅広くて一緒のライブ見る集団ぽくない雰囲気だったので、心配していた浮き具合も恐らくほぼ目立たなかった。はず。歌も掛け合いも素晴らしくクオリティも期待以上で最高に素晴らしい時間でした。聴きたかった曲もほとんど聴けて大満足。最後はステージ下まで降りてきた2人をどっち見ようかとキョロキョロ。思ったより全体的に踊る雰囲気ではなかったので、体はクタクタになる覚悟でしたが、ほぼ疲労することもなく、心地よい熱に当てられていろんな意味でホカホカになりました。ライブは軽い現実逃避だな、と思います。夢心地で、旅行に行くのと同じ感覚になります。年明けから何とかやってきたけれど抱き続ける沸々とした感覚が少し弾けたんだかな。またこれのために生きよう、楽しみにしていようと、単純ながら思いました。

 

Awesome City Tracks 3

Awesome City Tracks 3

 

 私のオススメVampireは3枚目のアルバムに入っています。

 

Awesome City Tracks 4

Awesome City Tracks 4

 

 Action!は今の時期ぴったり!と思っていたらそんな風に紹介されていてもっとたくさん聴こうと思いました。シャッキリしていこう。

 

そしてそうそう、全然話は変わりますが、私もこう言って毎日、毎週の時間を過ごしたいなと思うのです。毎週、はせさんの毎日を、切り取った部分を覗かせていただいていますが、あくせくしたものを感じさせずに、さらりと、でも濃密さもあって充実していて、やっぱり素敵だなぁと思います。

今週も楽しく善く生きました!

はせさんブログより

2017年第16週の日記 - インターネットの備忘録

ちょっと違いますが「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。By魔女の宅急便」のような。周りから見たら皆それとなく上手いこと人生進んでいたり、何事もないように過ごして見えるけれど、全然そんなことはなくて。毎日色々なことがありながら生きていて、その中で、少しでも自分が嬉しくなるようなことがあって、それがあるから「今日良い一日だった。また明日も」と言えるんだよなぁ。やっぱり日々、自分の好きなことやちゃんと一日過ごせたこと、やってきたこと、良くも悪くも認めて「よし!そうか!」と今日一日の終了印を押していこうと思いました。

 

そして、上とはもう全然関係ない話です。

Pocket Change

今、wbsでやっていたポケットチェンジ!旅行などで使った外貨を電子マネーに出来る機械、使ってみたいー!年内には100台を目指して国内の各空港に設置予定だそう。今は羽田にしかないけれどかなり使えるらしい…お札は次行くときに、使おうと思うけれどコインの細かくなりすぎた物は、結局溜まるばかりのことが多いので助かりそう。身軽でいたいのでなるべくコイン増やしたくないし、行く国によるのかもしれども。あまりしょっちゅう旅行行かないなら、レート見て換金してしまった方が日本で使えるしその方が良いよなぁと、思いました。私のウォンのコインもタンスの奥で眠るより有効活用できそう。

 

久しぶりに長々と書きました。1つの話題も良いけれど、たまには思いつくことつらつら書くのも面白い。

今週始まったばかり。よーし!の言葉、かけつつやっていきましょ。

甘くたっていいと思うんだ

昨日今日と暖かくて心地よい休日でした。特に大きなイベントはなく、気ままに過ごしていましたが、結婚祝いの贈り物を見に行ったり。気の向くままにぶらつき、ぽかぽかした太陽の暖かさを久しぶりにのんびりと浴びたな〜と思う週末でした。

やったことは本当に消費活動のみで、生産的なことを本当にしなかった!いや、来週からの準備もしたけれどそれはただの下ごしらえ…。でも間違いなく、美味しいものを食べて、好きなことをして、少し自分勝手にお金を使ってみて、自分のでき得る方法で癒しと英気を得て参りました!

土曜日に、テレビで見たいちご大福が食べられないものかと、自力で行ける範囲を探して日曜日も開いているお店を見つけて土曜は眠りにつきました。でも、今話題のJアラートがいつ鳴るんだろうと寝る直前に少しビクついたことで序盤は夢見が悪かった…脅威!食欲もさすがに負けます。

朝は少しゆっくり準備をしていざいちご大福目指して出発。お店はわかりやすいところだったのですぐに購入できました。人気な時は売り切れるらしいとのことだったですが、今日はまだ余裕がありました。店主さんかは不明ですが、店先に立っていたのはおばあちゃんで、これまたいちご大福売ってそう!な、雰囲気のある、可愛らしいお方でした。

さて。温かいお茶をも買って、日向ぼっこがてら近くの公園でモグモグタイム。最初からそのつもりではありましたし覚悟はしていましたが、いざとなるとやっぱり勇気のいることでした…。何故って、1人だからね、おそらく普通の大人な女性はこんなことしないでしょう。でもそれを吹き飛ばすくらいにいちご大福が美味しかった!いちごは勿論ピカピカだし、口にするとみずみずしくて、餡とお餅ともうまく果汁が絡んで良い感じ。餡の甘さも程よく、いちごの甘さと酸味を美味しく感じられるステキなバランス具合でした。あまり餡や大福系は好きでないのですがペロリと平らげてしまいました。また食べたいな〜。時間が遅くまではやっていないので、今度も休みの日にお邪魔しようと思います。お腹満たされ陽に当たり、のんびり過ごせた1日でした。太陽に当たると体に良いって話は本当にそうだなぁと実感。

以前は、誰かと何かをしなくては休日な気がしないしそれこそが充実だと思っていて、1人で何かした時に今ここで共有出来る人がいないことが勿論残念にも思います。でもそれと同時に、1人でそれをやって楽しんでしまっている自分が寂しく悲しい人間に思えた時もありました。自分が楽しいからやっているはずなのにね。

疲れ過ぎたら1人になりたくなって、気の向くままぼんやり過ごしたり、おうちに閉じこもったりする人も多いと思うのだけれど、周りと関わる元気すらない時はそういう過ごし方で社会生活、対人生活を営む英気を養うことは大切なことで、必要なはず。少し元気が出てきたらそれで良い。気がすむまで楽しめば良い。悲しくなる必要なんかないし、自分のことを元気にさせる方法は自分で見つけなきゃ。

前に、自分の機嫌は自分でとれ、的な話をまなつさんから引用して書いたこともあったけれど、それと同じことですな。

フキゲンの訳 - かにさん記録 blog

そして、頑張るという言葉だけでなくて、どうしたらそうなれるのかを、試行錯誤をしていかないとね。

またしっかり平日生きよう!

気持ちをあげたい人を選ぶ事

やれやれ春らしくと思ったら雪の降る日もあったけれど、それは一時の気の迷いだったようでちゃんと春になってきました。でもまだコタツは使用中。

 

私の中の大人って、もっと寛容で広い視野のある柔軟な優しい人だと思っていたのに、ちがうなぁ、程遠いなぁと思う最近です。そうなりたいという理想はそれで違いないのですが。難しい。ひとつずつクリアしていたいと思っていたけれど、そのうち1つもままならない。寧ろ、歳を重ねて、色々なことに対しての好き嫌いも増えたし変に人を疑ったり自分に素直でなくなったり、行きたくない方向に進んでしまっているとも気づきました。理想と現実ってこうも乖離するものなんだろうか…。

でも最近、それでもひとつ思うのは、好きじゃないものを何とか無理やり好きになって、付き合おうとするのは止めようということ。今まで「どこか何か良いところがあるはず!嫌いになるのは悪いこと!」と、多分無意識的に思っていたから。初対面の人やものに遭遇した時に、嫌悪感や疑心から入るのは良くないよ、そういう風に物事を見ずに、まずは受け入れようとするのが貴女の良いところだから〜、と言われ続けてきたのもあるのかも、と今ふと思い出しました。

一度巡り合ったものに対する評価は上がったり下がったりするのが普通だし、そうしていたはずだけれど、おそらく、ある一定の「好きじゃないゾーン」に入った後で「嫌い」という括りのゾーンにものや人を区分けしてしまうことに対しての罪悪感や自分の不寛容さのせいでそう考えてしまうのではないか、というある種自分の小ささにガッカリするというやや身の程知らずな感じ。そうしなければ、外れるものがあるのは可哀想なこと、皆一緒でなくてはならない、のような横並び一線にする事で、自分の安心感を得ていたのかもしれないです。

でもそうである必要は全然ないし、差別化されないって逆に変なことで、それこそ不寛容なことなのに、と今は感じているところです。自分の中の感覚を押し殺してまで付き合うものや人なのかって考えると、時間とお金と労力をかける必要のないことなら、本当にムダでただの浪費ですよね。やらなくてはならないことだとまた別の話にはなりますが、選べることなら無理に付き合いで続けなくて良いし別のことに費やした方が、よっぽど精神衛生的にも良い。愛情もお金も時間も労力も、自分の本当に好きなことに費やすべき!あとは同じように費やしてくれる人にちゃんと返すべき!と感じることがあった最近でした。