読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かにさん記録 blog

日々の思うこと、好きなこと、考えの整理!

今さら始めたこと

本について記してみようと思います。

今までも、ブックメーカーに登録はしていて、たまぁ~に読み切っては「読んだ本」をポチし、読んだ本が多くなるということにフフフ…と自己満足にひたりつつ、気が向いたら感想を書く程度でした。そのたまぁ~に読んでいたのは主に小説で、逃避をこめた、別世界へのトリップ的な意味合いが大きいもの。そして一度読み切ると「はぁ~楽しかったぁ…」とたまぁ~にしか読まないのですぐにおなか一杯になり、次の読書へは続かないのが常でした。

中に出てきたキーワードから興味を持って別の本を読もうとしたり、関連作品や他で似た作品を書く作者を検索してみよう、などということもなく「『本を読む私カッコいい!』なんて思ってないんだからね!」を装い思っていた、極めて痛くて残念な奴!自分で書いていて相当恥ずかしい。そして、何よりも「本にかけるお金ってもったいないな~」と文庫本1冊買うにも躊躇していたような人間で「その中身の無い飲み会代の数々の方がよっぽど無駄じゃ!」と、今は心の底から思います。いえ、飲み会が悪いわけではないんですけれどね、私の投資の仕方の問題です。

帰省のたびにアホらしさが増していると感じたアネの私へ、私の弟はあきれ返って「とりあえずこれ読んだら…」とkindle版の「この世界の片隅に」を差し出してきました。話題の本(マンガ)からでもいいから何か「読む」というきっかけを、と思ったのか、とりあえずマンガ位なら読めるだろ、これ読んで色々考えてくれよ…と思ったのか。「この世界の片隅に」は私でもすぐに読めたのですが感想は割愛。

その後、また別件で色々と話をした時に、要約すると「かにちゃん(私)はもっと勉強した方がいい。ものを知らなさすぎる。とりあえず本を読め」のような事を言い放たれて「やっぱりそうだよねー…だって弟の話すことでへぇ~って思うことあるけれど、それにすぐに反論したり意見したり、自分の考えを言えるだけの中身がないもんな~私が言えるのは弟の口の悪さと身なりを正せることくらいだな」と。元々頭も良いし本の虫な弟ではあったけれど、たくさんの本を読むことで得られる知識や経験やたくさんの視点を積み重ねて、引き出しが多くなることで、より厚みのある自分の意見や考えを出せるようになっているんだな、と感心しながら自分の中身の空っぽさをむなしく感じました。

そして、色々と勉強しなくては生き残れないなと思った時に、まず自分は何から勉強すればいいのか分からない…と広野にポツンと立たされた気分になり、本当に中身のない日々を送ってきたな…更に撃沈。

そこで、弟からオススメされたのがはせ おやさいさんの「インターネットの備忘録」。その中で、新社会人についてだったり、レシピ、書籍…色々と書いてある中で、日常を切り取って書いてあるのだけれど、なんて楽しい面白い文章だろう…と読み漁りました。そして、そこから飛んで飛んで飛んで、「本の読み方」について書いていた方(探しきれなかった)が紹介していた「本を読む人だけが手にするもの」に行きついたのでした。 既に感想ぽいものは記事にしているのですが、これを読んだことで「本、読もう…」と改めて後押しされ今に至ります。

本を読む人だけが手にするもの

本を読む人だけが手にするもの

 

 

 35歳ではないけれど。

35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画

35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画

 

 自分がこれからこの年になるまでにどれだけの事ができているか?私には全くなかったことで、考えなくてはならない将来の事。漠然とした「将来」を描くのではなくて、今の自分と今後の具体的になっていたい自分のために何が必要かを改めて地に足をしっかりとつけて考えていく必要がある、というかそうでなくてはならないと感じた一冊でした。それから、その求める答えには一つ一つに絶対的な「正解」があってほしいと思うけれど、自分なりの納得できる答えを見つけてく、考えてそれを導き出していく事が必要。仕事も、自分自身の姿にも、人付き合いにも然り。自分が自分らしさを見つけていくことは、納得できる姿を作り上げていく中で積み重ねられて、生きていく自信や個性が構築されていくもののようです。自分が自分で考えた答えをしっかりと持つために、色んなこと知っておく必要があるし、答えを出せる準備を常にしていることが大切。というわけで、体験と経験と知識を日々入れて、整理して、出していく。その繰り返しなんですね。

 

今まで、読んだとしても満足して終わり!の繰り返しだったのと圧倒的に量が少なすぎてひきだしもできませんでしたが、整理しないまま、溜めっぱなし、入れっぱなし、ぐちゃぐちゃで引き出せない状態になっていたのを、自分の中に取り込んだものとして、しっかりと整理整頓しながら、必要時にはすぐに取り出して使えるように積み重ねていきたいと、思っています。なので、読んだ本について自分が思ったことや感じた事も、整理する意味で短くても感想を残していきたいなと、今は思っています。できるだけ、読んだらすぐに書けるように!

そして、この長ったらしい文章がより短くて無駄なく、話題が脱線せずに表現できるようにもなればいいな~とも思っています。