読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かにさん記録 blog

日々の思うこと、好きなこと、考えの整理!

必要さと時間をかけること

原因不明ですが、給湯器が点火しなくなりました。冬なのに。

ケトルでお湯を沸かして洗い物と洗面は出来たのですが、まぁ〜時間のかかること…。思わぬフル稼働で今度はケトルが壊れないか心配です。そうなったら電子レンジとお鍋でお湯を沸かして温めるので、さらに時間がかかることに…!

でも、いつもより時間をかかって家事や普段やることを済ませている感覚のはずなのに、意外にというか、思ったよりも時間が経っていない。

不思議なことにその手間や時間をかけた分、いくらかの充実感もついてくるということが起こりました。

珍しくテレビは消してCDを流していたせいもあるかもしれませんが、忙しなさを感じなかった感覚。

 

Piano LoveII

Piano LoveII

 

今日聞いていたCD。大井さん、オススメです!私はオペラユニットlegendが入り口で、その専属ピアニストとして大井さんを知りました。最近のXperiaのCM曲の人ですよ。相方の中村さんとコンビの『鍵盤男子』も素敵ですよ。『legend』も素敵ですよ。

 

脱線しましたが。

一番のツイていなかったポイントは、お風呂のお湯が張れていなかったこと…。なので、沸かしたお湯でホカホカタオルで体を拭いてお風呂代わり、みたいなことで済ませてしまっちゃったりもして、もうこれは明日汗をかく仕事やったらおしまいだー!給湯器の話題なんて絶対言えぬ!うわーん!!!状態でした。

が、あれ、やってみたらホカホカタオルかなり気持ち良いぞ。と、思わぬ収穫。これ触り心地の良いタオルだったらなおさら最高だったかも…と、思いながらふきふき。足の甲や指もホカホカふきふき。一番やっていて心地よかった部分でした。普段キチンと触れなかったり、向き合うことの少ない体の部位って自分なのに改めて触れると、色々な発見をするものですね。なんだか言いようのない嬉しさというかラッキーな気分になりました。

 

お湯をザバザバ当たり前のように使い、体を温めてきたし、何の苦もなく食器を洗ってきましたが、こうしてみて、物の有り難さ改めて実感しています。文明の利器ってすばらしい…。

そして、普段ボタンひとつで済ませられているお風呂のお湯張り、食器洗いのためにお湯を使うことが、すぐにできない時に必要な、自力で何とかしようと模索する、または普段とは違う方法で解決する『時間』というもの。便利なものを使うことで、ボタンひとつで済ませられる分、空いた時間を私は楽に過ごせて、他のことをする時間にあてることができるありがたーい生活でした、昨日までは。さて、その空いたはずの時間を何に使ってこられたのか?無駄すぎくらい無駄に過ごしてきたんじゃないか?とも感じました。私の場合、それに通ずることが多すぎてどれだけダラけた生活なんだろう…と気づくたびに、普段したいと思うことこれでいくらでもできるんじゃないの?早く寝られるし電気代もかからないよ?と諌めています…。

普段より時間のかかる方法で取り組む方が、時間はかかるけれど、余裕がないとできないことだったり、段取りが必要だったりする。組むスケジュールも、数は少なくなるかもしれないけれど、最低限に必要なことだ、確実にこなせる分だけに厳選されるのかもしれない。よりスマートになるのかもしれない。シンプルにすれば、した分の余裕はできて、自分の生活が見渡せるようにもなるのかもしれない。と、感じました。やることが多いというよりは、無駄な動きや無駄に過ごす時間が多くて!増えるばかりで厳選されていないから、短縮されたりよりスピード早くできるものが嬉しい!重宝する!という生活になってしまうのかもしれない、私の場合は。

本当に大事なことって、そんなにたくさんはないのかもしれないけれど、気づかないうちに欲張りになって、色々と抱え込んで持ちすぎなのかもしれないですね。

なんてことを、感じました。

…とは言いますが、とりあえず明日電話して、早急にガス屋さんに来ていただきたい…!でも、少し生活の中の持ち込み過ぎたものを整頓するいい機会かもしれないので、改めて生活整頓してみようと思いますよ。