読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かにさん記録 blog

日々の思うこと、好きなこと、考えの整理!

自分ワールド

カンブリア宮殿見ていて、お仕事すっっごい熱心で、自分の作るものや良いと思った物をみんなに知って欲しい!!という気持ちが溢れている人のそれに対する純粋さとか無邪気さって最強だな、と思いました。自分の生活や今の安定投げ打って(という感覚すらないのかもしれないけれど)、そして周りをしっかりまきこめる、巻き込んじゃうバイタリティ。その話の中では、家族と住むお家にお金をかけるよりも、新しいお店を出店させたりすることにお金を使ってしまうって話でした。私から見たら、奥さんと子供がいて、家が寒いからとダウンを着込んでコタツで夕飯囲むっていうのは団欒ぽくもあるけれど、それで生活しているお金を稼ぐとは言え、それは我慢すべきところなのかなという疑問も浮かんで来ていました。赤の他人の私が言うことでは無いのですが。それはさておき。

そこで思ったのは、何かに打ち込んだら、何かを諦めたり犠牲にしなくてはならないんだろうか、犠牲と思わなければ、そうは取られられることもなくて結果を受け止めるだけなのかな。1人でやるなら例えダメでも犠牲なったとしても1人だけれど、巻き込む人がいた時にはその犠牲の意味は全く違ってくるものだし、背負う何かもそのぶん大きいはず。

でも、打ち込めるだけの何かなのだから、他を差し置いてできるそれ以外を考えた時に「諦める」とか「犠牲になる」って言葉すら出てこないものなのかな??これは良いに違いない!一番良い選択をしているのだから、進むべき道を行くのみ!ていうこと?そこまでの自信や説得力を持っていなくても、芯があってこれから肉付けしていければよい!これから実績を作るのだからまずは動くんだ!ていうことも含むのかしら。でも、打ち込んで何にもならなかったら?うーん。

私は、多分何かを新しく始めたら何かを手放したり無意識のうちに手放して来たことが多くて、ずっと手に入れておきたいものがそう無かったという事かもしれないです。執着がないというか。淡白で薄情というか。何かにつけてやらなくてよい理由を見つけたいだけなのかも知れないけど。あとは、打ち込んだ先に何も無かった時が虚しいっていうのも嫌だからなのかも知れないです。

学生時代にやっていた部活が良い例で、部活には打ち込んだけれどそれだけで、他のこともそのモチベーションをうまく利用して力を注いだり頑張れる源にできなくて、終わって引退してみたら、空っぽ。次何しよう…ってすごくポカンと穴が開いてしまったんです、そう、今思えば燃え尽きていました。それ以外何もやっていなかった!受験勉強もまぁちょこっとやったくらいで、力を注いでいた部活の分は全くうまくシフトできなかったんです。1つ終わればプツンと断線。何かにつなげて使う術を勉強や部活、人間関係においても下手くそすぎてできなくて、ある一定のところでプツンと切れてしまうことが多い、いやほとんど!

打ち込んで、これだけやったんだから!という自負みたいなものを感じることもなかったかも知れないなぁ。これじゃまだダメだとか嫌だとか何かにつけて、理想やプライドだけは高く掲げているから自分への、よし!も無くて来たのかなぁ…。何より、我慢したりした甲斐のあるものにも出会えてないっていうのは大きいかも知れない。

なんて事をおもいかんがえました。

にしても、熟成肉、美味しそうでしたー!あと一日、頑張れば連休だー!早くお花見焼肉したいなぁと、じゅうじゅうなお肉と網をガン見でした。