読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かにさん記録 blog

日々の思うこと、好きなこと、考えの整理!

ゆるゆると大人になろう。

今月ほとんど更新できずに終わってしまったので4月最後の最後に1つ。
今日は私の悪い癖が一人で炸裂したと気づいたので記してみます。独りよがりになる件について。

周りがとてつもなく羨ましく、大変に楽しそうに見えてきて、ぶらっとしようと気分転換に外へ出たはずなのに、結局は何の目的もなく出てきた私は何のためにここにきたのかなー…とどうしようもないことを考えて、意味もなく落ち込んでしまいました。とても無意味なことなのだけれど。結局は独りよがりだからそういう思考に陥って、勝手にひとりぼっちだなーとか、寂しいなーと感じるのだと思います。

でも事実、ひとりぼっちで街をぶらついていることには変わりなくて、そしてだからと言ってさっさと帰ってテレビ見てた方が良い!ネットサーフィンしてやる!とかそういうことにもならず、本当に自分でも面倒マインド。それも独りよがりというか勝手。雑踏の中には居たくないけれど、人のいるところには居たい、でも気心知れた仲間たちとギュッとした感じで居たいわけでもない。なので、空席の多そうなカフェとかそういうところでとりあえずの時間を過ごし、周りの音を聞いたりその辺眺めてみたりします。そしてある程度の諦めというか、気が済んで自分なりに納得したり満足するとスッキリ家に帰る。そんな感じなのです。

独りよがりになっていればいるほど、視野は狭くなるし周りのことも見えなくて自分のこともきちんと出来ていなくて、ハッと気づけばなんだかとってもイヤな奴に成り下がっている。気づけるうちはまだ良いのかな。色々なことをして回復できる時は色々とやってみて、視点を変えたり別のことに力を注いでみたりもできると思います。あぁ、スッキリしたーとか、くさっても居られないなーとか。思い直して、あぁ自分のことばっかりになってたなーって言えるので。あとは、そんな自分の様子を見て「どうした最近!」と引き上げてくれる人がいれば最高に良い。あとは、独りよがりになっている人をみて反面教師として、自分のことを振り返ってみるとか。返る方法は、人によってもっと色々あると思います。

当たり前のことですが、誰にでもいい時もあれば悪い時もあって、それが繰り返したりちょっと比率が一時的に偏ったりしながら人生送っていくので、今までの良かったことを良かった、恵まれていた、自分にとっては嬉しいことだったという認識をするきっかけという風に考えよう。

生きていて、毎日がスペシャルに嬉しいことや楽しいことの繰り返しじゃないのは、今までの人生で知っているはずなのに、きちんと分かっていなかったからそんな事を考えるのだと思います。そんなに素晴らしい毎日じゃないから、毎日起こる色んな出来事に喜怒哀楽しながらなんだかんだがむしゃらに生きて、より自分が行きたい方へ行こうとする。

私はどこに自分が行きたいのか分からなくて、周りの人たちの外に見えるキラキラさだけを切り取って羨ましがって、たまにこうやって一人でチーン…となるのも1つあるのかもしれないです。ふー…なんなんだコレ…。でも、変な事を考える自分もちゃんと自分の一部で、ポンコツでもまぁ良いよ、自分が思うより良くもないけれど、悪くだってないしそれでもいいじゃない。

結論まとまらないけれど。年齢は大人になっても頭はまだ大人になれてないけれど、とってもポジティブに考えて、まだ伸びしろがあるってことにしておこう。