読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かにさん記録 blog

日々の思うこと、好きなこと、考えの整理!

食べないとやって行けない

ご飯を食べる楽しみがなくなったら私は死んじゃうな、と思った週末でした。

空腹になると、自分でも悲しくなるくらいイライラするし悲観的になるし困ったことになるのは前からなのですが、雨降りの日や仕事などでクタクタになりすぎるとさらに拍車がかかる事案が今週末でした。
性欲を向けるものがないと食欲に走るって聞いたことあるけど、人間も所詮は動物ってことだわな〜と、過去に先輩に言われたこともあり、それには妙に納得しました。でもそれに納得された私って一体…。

単に栄養を取り入れるだけの意味では無くて、噛み締めて、美味しいなぁ、美味しいなぁって思って、頭も胃もぱぁっと満たされる感じが、生きている中で何だかんだ一番の幸せに君臨しています。他の幸福感も無くはないけれど、おそらく死ぬまでこれは一番な気がします。なんかこれ前にも書いた気がするけれど…。

仕事でも、やっぱり人に最後まであるものは食欲なのだなぁと感じることが多々あります。どんなに体を悪くして器官がうまく働かなくても、寝たきりになっても、生活に関わる他のことを全くしたく無くても、食事やお菓子って人の欲するものです。それ待ちわびて生きるのは、命を繋ぐものの意味あいと、幸福感があるからなのかなぁと、思いました。うまく言えないですが。
皆さんご飯もお菓子も楽しみだし、食べるためにちゃんと食事の準備でエプロンをするし、手洗いもするし、嚥下体操だってやるし、美味しくご飯食べたいよ!という気持ちは、私たちよりも強いように私は感じます。
普段から常にそんなことを思いながら接するわけではなかったのですが、自分のご飯への執着?や幸福感を振り返ると、お腹を満たして幸せになることの意味はここに繋がるなと、思いました。食べるって大事だし、美味しく食べる、食べられるって幸せで大事なことです。
人それぞれ、食べることへの力の注ぎ方が違うとは思うので、朝ごはん要らない派もいれば、サプリで済ます派、食べたいものは何でも食べちゃう派、色々だと思います。
私は今でこそ少しはマシな食生活を送れるようになりましたが、お惣菜やコンビニご飯の続く日、朝ごはんに菓子パンと甘いカフェオレが続く日もあったし、忙しい中偏った食生活で体を壊したりもしました。しっかり整った実家のご飯や、気に入って行っていたバランス良いカフェのランチで癒されて、ご飯サイコー!!!と、いう日を繰り返して今に至ります。
人生の終わりまで、食べ物が食べられて、美味しいなぁと思えて幸せ感じられる生活を送っていきたいな〜と、自分の機嫌をとるのと同時にお腹の機嫌も取らなきゃな、なんてことを思った休日でした。