読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かにさん記録 blog

日々の思うこと、好きなこと、考えの整理!

ウルウルの正体

日常

やっと週末なのに、通常モードに戻って慣れないうちにまた振り出し、みたいな状態。一旦仕切り直してまた来週から。

 

最近体やお肌や色々なところが鍛えて&ケアいないから衰えたな…と感じることも多いのですが、やたらと涙腺も弱くなっていて、前はこんなことで泣かなかったのに…ということにも、気づけばウルウルしていて、日々浄化されている気分です。

昨日も、バラエティ番組で『もしも娘が失恋したら父親はどんな声をかけるか?』のような内容のことをやっていたのですが、娘を思うお父さんの不器用ながら暖かい一言や、相手と人と自分のことをどう考えるかということを、真剣に真摯な気持ちで伝えている場面があって、自分のことでもないのにグズグズ…。

人の事は見て、なんていいお父さんなんだ…とか、愛されてるなぁ…いい親子!!とか、鑑賞対象としてだから思うのかその暖かさにじんわりしみじみしてしまうのですが…。自分の事となると、どうもそう思えなくて、同じように大事にされている感覚はあるはずなのに全然素直に受け取れず、寧ろ、本当にいいのかな〜…私はめっちゃ楽だけどそうさせるのは悪いな〜って思うのと同時に、もう少しフラットでいてくれていいのに…オカンとオトンの感覚足して2で割ったらちょうど良くない?なんて、思う自分もいて複雑です。両方が違いすぎて迷うことも多いというか、使い分けがとっても必要。

テレビの話で言うと、人の事を見ているときは客観的なのだけれど、ブワッと感情がわいて泣く、とか胸いっぱいになる、といったことが出来る分、こっちの方が何となく有り難い気持ちになってしまっているようで、直接関わる人にされている色んなことを受け取れていないって相当に薄情なんだな、私。とも思うのです。感謝してないわけではないのだけれど、多分、親が感謝してほしいように気持ちを受け取れない、私が感謝できていない?から、すれ違っちゃうし、ものの受け取り方も違うからイザコザも起こりやすくなるんだと思うのです。でも、今の私にはもう精一杯やっているつもりだけれど、考えが足りない!と言われ、期待値に届いていないことに、そんなこと言われても…って反論したくなったり、またダメって言われた…確かに言われ続けてきたことはこういうことではなかったのか、私はそれを理解できていなかったと落ち込む。そして、私自身を理解されていないことにも悲しくなるし思わずイラつく。なので、向こうを失望させず、お互いに穏やかにいられるように、触れないようにしようとするので余計に距離も遠のいてしまう、といった感じです。本当は良くない。そうなの。

テレビでふとした言葉に涙腺が思わず反応するのは、少なくともそれに対しては同調しているところがとても大きいからなのだなぁ思う。ガルガルしている時って、素直さは欠けてしまうから聞き入れられないことも多いのかもしれないけれど。

あとは、私があれこれ言われている時って、寄り添われている感覚が薄いから?と、今思いました。言いたいことはわかる、だけどこちらの本当の言いたいことは伝わってない微妙にズレている感じ。

伝えてきたはずなのに、本当の意味を分かっていなかった!って言われると、こちらもどうしたもんか、申し訳ありません…でも私はあなたとは違う人間なので、丸っきり同じ過程を踏んで理解しているとは思わないでください、って最近思えるようになりました。それは私からの発信でも同じ事で。気づかないよりはマシといえど遅いですが。

親の全部に応えられない自分がどれだけおかしいんだろう?と思っていましたが、全く別の人生を歩む、人格の違う、私をぴったり同じ感覚のレールに乗せられようとしていたから、自分の見聞きすることや経験、環境、私の性質のベースにどこか合わなくて無理していたところがあったんだなぁ、という理解を今のところはしています。この考えや感覚が、この先変わるかもしれないし変わらないかもしれないし、それはわかりませんが。若しかしたら、言われていた事に反抗的になっていただけかもしれない。ただのイタイ奴かもしれないし。

 

だいぶ話は脱線しましたが!私にとって、悩む事や考える事が多いのは仕事や、今後の事も確かですが、家族の事って大きいです。クリアできていない事も多い。結局、家族と言っても個性のある全く違う人間だという前提で付き合わなくてはならない、ということをとても意識して付き合わなくてはならない人たちですね。一まとまりって難しくて、個性的な1チームと思うように考えようと、少しずつ思い始めたところです。